笑顔の女性と色々な薬
  • ホーム
  • 避妊薬の改善予防効果と副作用

避妊薬の改善予防効果と副作用

若い女性

避妊薬は癌を発症させたり、服用すると太ると未だ考えている日本女性は数多く、副作用を懸念する意見が圧倒的です。
事実、ドイツにおいては妊娠対象女性58%が避妊薬を服用していると言われていますが、これに対し日本では僅か3%です。
他の海外諸国の情報を調べてみると、あらゆる薬の中で、副作用が最も少ないと考えている所が多数です。
医療技術の進歩に伴い、副作用のリスクは一層減少しています。
更にそれとは逆に避妊に対する効果は高くなっているのです。
加えて、多毛症やニキビの改善などの副次効果もあるので、肌トラブルに悩みを抱えている方にも最適です。
そして、あまり知られていないことですが、避妊薬は腫瘍と、癌に対しても効果があります。
この様に多くの改善予防効果が期待できるのですが、注意すべき点もあります。
発売当初に比べると、極めて副作用の恐れが低くなっているものの、個人差が大きい薬品だけに、場合によっては吐き気を感じたり、女性ホルモンの消退による出血が起こったりします。
これらは、生じると不安になってしまう症状ですが、通常2ヶ月程度で収まります。
また、重症化した副作用では、血栓症などが引き起こされる可能性が高まるものの、水分をしっかりと補給していれば減らすことができます。
日本では、産婦人科や婦人科で避妊薬を手に入れることが可能です。
処方してもらう場合の理由は、個々により異なりますが、決して避妊のみを目的とする必要はありません。
女性ならではの症状の緩和や、肌トラブル、ニキビの改善を目的として処方してもらうこともできます。
あまり知られていないことですが、避妊薬を処方してもらう場合は、婦人科で検査を受けなければなりません。

関連記事
人気記事一覧