笑顔の女性と色々な薬

避妊薬の二次効果

カプセルのスプーン

避妊薬には、避妊効果の他にも、PMS改善や生理痛の軽減などの効果があります。
PMSや重い生理痛で婦人科を受診した場合に処方される低用量ピルは、避妊薬と同じものです。
避妊薬には、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)が少量ずつ含まれています。
服用すると、脳はこれらのホルモンが分泌されていると認識し、排卵を促す指令を出さなくなります。
その結果、妊娠を避けることができるという仕組みです。
PMSは、排卵から生理開始までの間に起こる心身の症状で、人によって下腹部痛のような身体的症状だったり、イライラするなど精神的症状などさまざまです。
生理のある女性の約8割がPMS症状の経験をしているというデータもあります。
詳しい原因は分かっていませんが、ホルモンバランスの変化が関係しているとされ、排卵後に大量に分泌される黄体ホルモンの分泌が、PMSの症状を引き起こすと考えられています。
PMSの症状が強い場合には、低用量ピルが効果を発揮します。
これは、ピルを服用することで排卵が抑えられ、黄体ホルモンの分泌がされなくなるからです。
また、男性ホルモンの作用を抑える効果があるため、にきびや多毛症を改善し、ホルモンの状態を安定させることで、更年期症状を軽減させたり生理痛を改善して出血の量を減らします。
このように低用量ピルにはさまざまな効果があるため、避妊薬として処方される以外にも、PMSや月経困難症の治療、子宮内膜症の治療、月経不順・月経過多の治療などで処方されることが増えています。

関連記事
人気記事一覧