笑顔の女性と色々な薬
  • ホーム
  • トリキュラーが避妊薬として人気のわけ

トリキュラーが避妊薬として人気のわけ

様々な事情により妊娠をしたくない女性達にトリキュラーは人気の避妊薬です。
その人気の秘密は高い避妊効果に加えて、生理トラブルを改善してくれたり女性特有の病気のリスクを軽減したりと様々な効能があるようです。
トリキュラーを服用すると低用量ピルに含まれる卵胞ホルモンと黄体ホルモンが、脳下垂体に作用してそれぞれのホルモンの分泌を抑制します。
その結果卵巣にある卵胞が活性化しないため排卵自体が起こりにくくなります。
また子宮の内膜を変化させて受精卵を着床しづらい状態にするといいます。
さらに子宮の頸管の粘膜を変化させて、精子が子宮に届きづらくする作用もあるようです。
このような3つの効能によりトリキュラーを正しく服用した場合、100%に近い確率で避妊が可能だといわれています。
トリキュラーには避妊効果の他にも生理痛が軽減したり、生理時の出血トラブルを改善する効能もあるとされています。
また長期にわたり服用を続けることで、卵巣がんや子宮がんなど女性特有の婦人科系の疾患のリスクが軽減するなどの作用もあることが分かってきました。
このような避妊効果を実感するにはトリキュラーを、決められた順番通りに正しく服用することが肝心です。
トリキュラーは一日に一回一錠の服用をピルシートの矢印の方向に従って21日間服用を行います。
その後7日間は休薬の期間を設けて、1サイクルが完了します。
それ以降はこのサイクルを繰り返して服用を続けます。
万が一飲み忘れたり順番を間違えたりすると、不正出血などの副作用を起こすことがあるので注意が必要です。
とはいえトリキュラーは確実に避妊が可能な限界までホルモンの量を下げるので、他のホルモン剤と比較しても目立った副作用は少ないといいます。

関連記事
人気記事一覧