笑顔の女性と色々な薬
自信を持っている女性

望まない妊娠を避ける為、女性であればピルの服用を検討する事をお勧めします。
日本で避妊といえば、コンドームの使用が定着していますが、コンドームでの避妊率は約8割程度にとどまっています。
10人に1人から2人は、コンドームを使用していても、妊娠してしまうケースがあるのです。
ピルであれば正しく服用する事によって、避妊率は約100%となっています。
自分の体や将来を守る為にも、ピルは女性にとって無くてはならない薬と言えるでしょう。
また、避妊目的だけでなく月経困難症や子宮内膜症、ニキビといった症状の治療にもピルを処方するクリニックは増えつつあるようです。
ただ、ピルを飲むと具合が悪くなるという話を、聞いた事がある方も多いのではないでしょうか。
安全性は確保されている薬ですが、薬である以上、副作用はゼロではありません。
ピルにはプロゲストーゲンとエストロゲンという、2種類のホルモン剤が含まれています。
体内の女性ホルモン量を一定にする事で、排卵を抑制し避妊の効果を得るのです。
服用を続けると体内のホルモン環境が、今までとは変わってしまう為、個人差はあるものの副作用が起こる場合があります。
頭痛や腹痛、だるさなどを感じる方が多いようです。
ホルモンバランスが変化する事によって、胸の張りや不正出血起こす場合もあります。
また、食欲が増して太ってしまうケースもありますが、体重の増加は1キロから2キロ程度と微々たるものです。
最近はプロゲストーゲンとエストロゲンの量を最小限に抑えた、低用量ピルが主流となっています。
低用量であれば、ほとんど副作用の心配はありません。
そして、飲み続ける事で徐々に体が慣れ、具合が悪くなる事も少なくなると言われています。

ピルと血栓症リスク、Dダイマー検査とは?

低用量ピルは避妊するだけでなく生理不順や月経前症候群、生理痛、子宮内膜症や子宮がんなどの女性特有の病気に対して有効な薬として多くの女性に使用されています。
しかし、女性特有の症状を改善させる半面静脈血栓症のリスクが高まる事が知られるようになってきました。
低用量ピルによる静脈血栓症の発症リスクを高くする因子もあります。
喫煙者や高年齢、肥満の方は静脈血栓症を発症するリスクが高くなると言われているため、喫煙者または40歳以上のいずれかに該当する場合は十分な注意をしながらピルを服用する必要があります。
さらに、35歳以上で1日15本以上の喫煙をしている方は薬の使用は禁止されています。
静脈血栓症は血管内に生じた血栓が血液の流れを阻害する事によって組織や臓器に障害が引き起こされます。
最悪の場合、静脈血栓症は死亡するケースもあるため、リスク因子を持っている方は使用を控えることがすすめられています。
また、静脈血栓症が疑われる代表的な症状も把握しておくことも大切です。
代表的な症状としては脚の突然の痛み、むくみや胸の痛み、頭痛やめまい、痙攣、失神、顕著な血圧上昇などがあげられます。
このような症状がみられた場合はすぐにピルの服用を中止し医療機関でDダイマー検査という血液検査を行います。
Dダイマー検査を行うことで静脈血栓症の有無を調べることができます。
低用量ピルを服用する事によって静脈血栓症を発症する頻度は低いですが、一旦発症すると重篤化するケースもあります。
静脈血栓症を予防するためにはリスク因子がある人は慎重に服用する、静脈血栓症のリスクを下げる生活をする、そしてDダイマー検査、下肢静脈エコーや症状の確認で早期発見をする事が大切です。

楽天でもピルは買えるの?

最近は、副作用の少ない低用量ピルが多くなった事もあり、以前に比べ服用しやすくなりました。
ピルには人工的に作られた、卵胞ホルモンと黄体ホルモンという、2種類のホルモン剤が含まれています。
これらホルモン剤の量が多くなればなる程、急激に体内のホルモンバランスが変化してしまう為、副作用を起こしやすいのです。
しかし、最近はホルモン剤を最小限に抑えつつも、効果を発揮する低用量のものが主流となっています。
以前のように、吐き気や頭痛といった副作用を感じる方は、ほとんどいないと言われています。
個人差はあるので、副作用が起こったとしても低用量であれば、服用を続ける事によって少しずつ体は慣れていき、不快な症状を感じる事も無くなるでしょう。
避妊目的だけでなく生理不順やニキビの治療にも処方されるピルですが、やはりまだクリニックで処方してもらう事に、抵抗を感じる女性も少なくありません。
大手インターネット通販の「楽天」で、ピルが購入できないか気になる方も多いのではないでしょうか。
調べてみたところ楽天では、ピルを購入できるサイトはありませんでした。
ピルは医師に処方してもらうか、個人輸入をして手に入れるしか購入方法はありません。
インターネットではピルを個人輸入し、通販できるサイトもあります。
クリニックで購入するのが恥ずかしいという場合は、通販サイトを利用しても良いかもしれません。
ただ、ピルは低用量といってもやはり薬です。
どのような副作用が起こるか、また正しい服用方法など疑問点もあります。
初めはやはりクリニックで医師に相談し、薬の知識を身に着ける事がお勧めです。
現在、日本では約100万人もの女性が服用していると言われていますので、恥ずかしがらずにまずはクリニックを受診してその後通販サイトを利用してみましょう。

記事一覧

避妊のためにアフターピルを服用したいという場合、実際に服用した人の体験談を調べてみると良いでしょう。...

男女のコミュニケーションの一つとして性行為があります。 アフターピルは緊急避妊薬として知られています...

様々な事情により妊娠をしたくない女性達にトリキュラーは人気の避妊薬です。 その人気の秘密は高い避妊効...

両手で持たれる葉と白い錠剤

女性が自分の意思で完璧な避妊ができるということは、女性の社会進出が進んでいる現代においては、非常に有...

葉の上にカプセル

日本では約100万人もの女性が、ピルを服用していると言われている程、ピルは身近な薬となりました。 ピ...

カプセルのスプーン

避妊薬には、避妊効果の他にも、PMS改善や生理痛の軽減などの効果があります。 PMSや重い生理痛で婦...

若い女性

避妊薬は癌を発症させたり、服用すると太ると未だ考えている日本女性は数多く、副作用を懸念する意見が圧倒...

人気記事一覧